ブログ

ブログ尿の病気  「いつもとおしっこが違う」

2015.11.27

みなさん、寒くなってきましたが体調いかがでしょうか?

寒くなってくると、あんまり外にでかけたくなくなったり、水分補給を忘れがちですよね? それは、わんちゃん、ねこちゃんも同じです。

この時期に多い病気として、尿路結石があります。この病気は、おしっこが通る場所に、石や結晶がつまってしまう病気で、完全に通り道を塞いでしまうと、おしっこが出られなくなってしまい、腎不全になってしまいます。飲水量が少なくなるこの時期、尿が濃くなってしまい、結石を作りやすくなるので要注意です。

結石がつまったりしない限り症状があまり出ない場合も多いので、発見されにくく、健康診断などで発見されることが多いように思います。

最近、こんな症状はないですか?

 

  • おしっこが臭くなった。
  • おしっこをしている時に「ぎゃっ!」と鳴く。
  • おしっこをしたあと陰部をよく舐めている。
  • おしっこが赤くなる。
  • なんどもトイレにいくが、あまりおしっこがでない。
  • トイレに座ったまま、出てこなくなる。(残尿感がある)

 

もし、きになる症状があれば、獣医さんに一度相談してみてはいかがでしょうか?尿を持参していただければ、すぐに検査できますよ!

  • 光が丘動物病院グループについて
  • 患者様にお約束する6つのポイントホスピタリティー向上のための取り組み
  • あなただけの時間を提供する予約診療
  • ご自宅で診療する往診サービス