ブログ

ブログ膝が悪い?

2016.04.20

獣医師の上吉原です。
最近春になってお散歩に出掛けることが多くなって、ドッグランや、外の階段など駆け回る小型犬の膝がぬけてしまう子が多いです。
元々小型犬の何割かは膝のお皿がうまく乗っかっておらず脱臼癖がありますが、うまく足を使って痛くない様に生活してます。
そういった子や、あまり筋肉のついてない子の急激な運動は、膝蓋骨の滑り症が起きやすいです。軽度な場合は痛み止めや運動制限、膝の軟骨の保護するサプリメントで様子をみれますが、重症になると膝に強い痛みがでて、手術が必要になってしまいます。
その他にも、捻挫やうちみ、関節炎など、いろいろな膝の痛みがあるので、ワンちゃん達が、
歩行中などに突然キャンと鳴いたり、足をケンケンや引きずって歩いたりしたらすぐに病院で膝のチェックしましょう。

  • 光が丘動物病院グループについて
  • 患者様にお約束する6つのポイントホスピタリティー向上のための取り組み
  • あなただけの時間を提供する予約診療
  • ご自宅で診療する往診サービス