ブログ

ブログ知覚過敏

2016.06.07

こんにちは獣医師の上吉原です。
港区から歯の健康診断のハガキがきました。最近虫歯の治療箇所を再治療して、被せものを変更してから知覚過敏気味でもう一度チェックに行かないとと思う今日この頃です。
さて、わんちゃんたちは虫歯になりにくいので詰め物をすることはかなり少ないのですが、歯槽膿漏になつて歯がぐらついてしまう子が多いです。一番のネックは自分歯を磨いてくれないことです。歯磨きガムを与えても一瞬で噛み砕いて飲み込んでしまうので歯が全然磨かれない。場合によっては口をさわられるのが嫌で全く口のチェックができないなんてことも。気づいたら歯がほとんどなくなっていたり、歯痛のために口が閉じられずよだれを垂らしてしまうなんて事になら無いよう、わんちゃんたちも歯の検診に連れてきてくださいね。

口臭や歯石の形成を抑えるサプリメントが皆さんにかなり好評なので、気になる方は是非病院でたずねて下さい。

  • 光が丘動物病院グループについて
  • 患者様にお約束する6つのポイントホスピタリティー向上のための取り組み
  • あなただけの時間を提供する予約診療
  • ご自宅で診療する往診サービス