ブログ

ブログ自宅が一番ですが。

2016.08.23

猛暑に、豪雨、地震。いつ何時自宅以外の場所で生活しなくてはならない環境が訪れるかもしれないです。

こんにちは、獣医師の上吉原です。

色々用意して頂きたいですが、まずはいつも食べなれているごはんのストックを少し取っておくこと。

ワンちゃんでは金属製のリード、猫ちゃんではキャリーケースのハードタイプ(布製ではなくプラスチックなど自立して空間が確保できるタイプの物)。

飲み水やごはんのための食器。トイレットシーツ。ゴミ袋。常備薬。こういったものをまとめて置いておくことで緊急時にもすぐに運び出せるので準備しておきましょう。

私の地方の友人が、ゲリラ豪雨で床下浸水して、仮屋で集合生活した時に、色々普段使用していた物が見つからず、苦労したと聞いてます。

動物が苦手な方もいると思い、少し離れたところにワンちゃんをつないでいたら、布の首輪を噛みちぎって、嬉しそうにしっぽ振って中に入り込んでしまったそうです。

あまり経験したくない事ですが、万が一に備えておくのも大切なので考えておきましょう。

 

  • 光が丘動物病院グループについて
  • 患者様にお約束する6つのポイントホスピタリティー向上のための取り組み
  • あなただけの時間を提供する予約診療
  • ご自宅で診療する往診サービス