ブログ

ブログ再び熱中症について

2018.08.09

こんにちは獣医師の上吉原です。熱中症対策として再びです。

 

汗をかかないワンちゃんやねこちゃんは体温調節の中でも解熱が苦手です。

日中散歩はもちろん、高温多湿になるような密封されたキャリーやケージも危険です。

また、真夏日の外出は遅い時間でもあえいでしまいます。

 

治療で病院に来る際も車で来るか、首周りに保冷マフラーしたり、

日陰を歩きながら10分ごとに水分補給や体の冷却をしたりするなど

工夫をしなければ危険です。

 

病院に来たものの体の冷却だけして治療できずに入院なんてならないよう御注意ください。

  • 光が丘動物病院グループについて
  • 患者様にお約束する6つのポイントホスピタリティー向上のための取り組み
  • あなただけの時間を提供する予約診療
  • ご自宅で診療する往診サービス