光が丘動物病院グループについて

診療の取り組み

日本一の総合獣医療サービス集団を
目指して

当院では、「動物たちには愛情」、「飼主さまには信頼」をコンセプトに、徹底した「インフォームドコンセント」に重点をおいた診療を行っております。

そのために私たちは、飼い主様との信頼関係をいかに築いていくか?を常に意識する必要があります。いくら手術の技術が上手くても、いくら病気に関して知識が豊富でも、様々な年齢層の飼い主様一人ひとりに信頼されなければ、どれも無用の長物と化してしまいます。

わたくし院長はもちろん、まだまだ若く経験の浅い獣医師だけでなく、動物看護師、当院に務めているスタッフ全員に「飼い主様には信頼」を、そして当たり前ですが「動物達には愛情」を、これを念頭に診療をおこなっています。それも信頼のため・・・。

ちょっとした不安を解決できる場から高度な獣医療を提供できる場まで、あらゆる飼い主様のニーズにお応えできるよう、日本でも数少ない「1.5次診療」を行う病院として運営を行っています。

当院の実績

年間症例数6万件に迫る実績と経験

光が丘動物病院グループの年間外来件数は60,000件に迫り、年間総手術件数は1,075件(避妊・去勢手術含む)となっております。

各種学会や研究会に積極的に参加

外科、整形外科、高度検査(CT、MRI、内視鏡)などに取りくみ、高度(獣)医療に力を入れており、多くの症例発表を行っています。

東京・埼玉に4院を展開

「動物たちには愛情」「飼主さまには信頼」をコンセプトに、練馬区・板橋区・川口市そして港区の当院を含め、4院を展開しています。

光が丘動物病院の歴史

1993年 光が丘動物病院(練馬区)開設
2000年 グリーン動物病院(川口市)開設
2007年 とくまる動物病院(板橋区)開設
2007年 日本獣医再生プロジェクト設立
2014年 光が丘動物病院 麻布クリニック開設

学会発表一覧

著書・研究論文等の名称 発表年月日 発表雑誌又は発表学会等 発表者
悪性組織球症の犬にトセラニブリン酸塩を投与した1例 2015年
11月20日~22日
第36回 動物臨床医学会年次大会(大阪) 小川 高寛、
野崎 睦、
飯塚 脩
犬の前立腺癌に対する緩和的治療としてオゾン療法を用いた1例 2015年
11月20日~22日
第36回 動物臨床医学会年次大会(大阪) 佐藤 よもぎ、
塩田 純一郎、
飯塚 脩
皮下膿瘍が外耳道内に発生したウサギの一例 2014年
11月14日~16日
第35回 動物臨床医学会年次大会(大阪) 裵 東焄、
飯塚 脩
皮下軟部組織肉腫を摘出後、
緩和療法としてオゾンガスを使用した一例
2014年
11月14日~16日
第35回 動物臨床医学会年次大会(大阪) 安藤 太郎、
飯塚 脩、他
腎細胞癌が認められた犬の一例 2013年
11月15日~17日
第34回 動物臨床医学会年次大会(大阪) 鈴木 克哉、
飯塚 脩、他
免疫調整作用のみで寛解した
慢性組織球性肝炎の犬の一例
2013年
11月15日~17日
第34回 動物臨床医学会年次大会(大阪) 岩崎 瑶、
飯塚 脩、他
直腸周囲に発生した軟部組織肉腫によって
会陰ヘルニアを引き起こした一例
2012年
11月16日~18日
第33回 動物臨床医学会年次大会(大阪) 吉田 絋子、
飯塚 脩、他
犬の片側甲状腺腫瘍に対し、
外科的切除及び化学療法を行った一例
2011年
11月18日~20日
第32回 動物臨床医学会年次大会 (大阪) 執行 康弘、
飯塚 脩、他
陰部腫瘤切除及び尿道移設を行った犬の一例 2010年
11月19日~21日
第31回 動物臨床医学会年次大会 (大阪) 鈴木 康之、
飯塚 脩、他
ウサギの歯根部に生じた膿瘍に対する外科的アプローチ 2010年
11月19日~21日
第31回 動物臨床医学会年次大会 (大阪) 戸井田 太佑、
飯塚 脩、他
腹腔内臓器に先天的と思われる異常を有する犬の一例 2009年
11月20日~22日
第30回 動物臨床医学会記念年次大会 (大阪) 高野 宜彦、
飯塚 脩、他
膣粘膜から発生した平滑筋肉腫により
尿道閉塞を起こした犬の一例
2009年
11月20日~22日
第30回 動物臨床医学会記念年次大会 (大阪) 永田 光雄、
飯塚 脩、他
犬の椎間板ヘルニアにおける
脂肪組織由来幹細胞を用いた再生医療の試み
2008年
11月14日~16日
第29回 動物臨床医学会年次大会 (大阪) 秋山 美季、
関 貴志、
森田 亜矢子、
飯塚 脩、他
数回にわたりMRI撮影を行い
経緯をたどることが出来た髄膜脳炎の犬の一症例
2008年
9月21日
日本臨床獣医学フォーラム年次大会 2008 (東京) 桂 次郎、
飯塚 脩、他
膀胱炎を主訴に来院し、
腎癌の早期発見につながった犬の一症例
2007年
11月16日~18日
第28回 動物臨床医学会年次大会 (大阪) 久保田 絵美、
飯塚 脩、他
胃周囲に大量の脂肪が付着することにより、
胃内停滞を起こした猫の一例
2007年
11月16日~18日
第28回 動物臨床医学会年次大会 (大阪) 日下 雄太、
飯塚 脩、他
十二指腸に発生した消化器型リンパ腫によって
イレウスを引き起こした猫の一症例
2007年
8月25日~26日
日本小動物獣医師会 2007年年次大会 (大阪) 小滝 雄一、
飯塚 脩、他
膝蓋骨の形態的・機能的変化が
見られた犬の2症例
2006年
11月17日~19日
第27回 動物臨床医学会年次大会 (大阪) 斉藤 功、
飯塚 脩、他
口腔内に発生した新生物が気道に侵入し、
気道閉塞を呈した犬の一例
2006年
10月15日
平成18年度日本小動物獣医学会 (東京) 大岩 祐介、
飯塚 脩、他
両膝蓋骨の遠位方向への変位が認められた、
犬の膝蓋骨内方脱臼の一例
2006年
8月19日
日本小動物獣医師会 2006年年次学会 (京都) 斉藤 功、
飯塚 脩、他
犬の難治性膝蓋骨横骨折の一症例 2005年
11月19日
第26回動物臨床医学会年次大会 (大阪) 笹岡 宏次、
飯塚 脩、他
ネコ伝染性腹膜炎ウイルスの感染により
重篤なイレウスを引き起こした猫の一例
2005年
10月2日
平成17年度日本小動物獣医学会 (東京) 斉藤 功、
飯塚 脩、他
咽頭部に発生した腫瘍により
重篤な呼吸困難を呈した猫の一例
2005年
9月18日
日本臨床獣医学フォーラム年次大会 2005 (東京) 大岩 祐介、
飯塚 脩、他
ネコ伝染性腹膜炎ウイルスの感染により
重篤なイレウスを引き起こした猫の一例
2005年
8月27日
日本小動物獣医師会 2005年年次学会 (東京) 斉藤 功、
飯塚 脩、他
  • 光が丘動物病院グループについて
  • 患者様にお約束する6つのポイントホスピタリティー向上のための取り組み
  • あなただけの時間を提供する予約診療
  • ご自宅で診療する往診サービス