お約束する6つのポイント

お約束する6つのポイント

先端技術・先端設備で
最善の手術をおこないます。

治療技術と設備、どちらのにも妥協することなく注力するのが当クリニックです。先端設備を使いこなす人の腕が必要であり、技術力があったとしても設備がないと半減すると考えているからです。最善の手術のために、常に技術を磨き、設備を整えていきます。

飼い主様の安心のため、
手術モニターを設置します。

目の届かない場所にいる、それだけでも不安だと思います。手術時には、診察室のモニターをつなぎ、ライブカメラによる説明をおこないます。大切なご家族が頑張っている姿、ぜひ見守って下さい。

その仔にあった治療プランを
ご提案します。

状態や状況によって治療方法が常に変化します。そして、料金が高い治療方法が最良の治療とは限りません。例えば「手術が必要」と一般的な見解があったとしても、実は針治療がその仔にとってベストな場合があります。ベストを見極め、ご提案する。それが私たちだからできる診療です。

クリニック内の過ごしやすい
空間を提供します。

堅苦しい雰囲気ではなくゆったりと落ち着ける空間こそ、今の時代、医療の現場で必要になります。清潔感があり、安心感がある。そのために、院内の広さ、待合室のコーヒーなど随所にこだわりを持ちました。過ごしやすい空間をぜひ感じ取って頂ければ幸いです。

光が丘動物病院グループの
基幹クリニックとしての情報発信。

六本木・西麻布は東京の中心でもあります。この地から、獣医療の革新的な取り組みや新しい治療法など発信していきます。すべては、動物たちのために。光が丘動物病院グループや他動物病院も巻き込き、麻布クリニックの在り方がベーシックになるよう日々邁進していきます。

心地よいサービスを提供します。

当クリニックにご来院いただく飼い主様に、「特別なところに来た」と思って頂きたいのです。例えば、ホテルのラウンジのような接客サービス。ひとりひとりの飼い主様にしっかりと耳を傾ける、しっかりと応える。そのために、ゆったりと時間を組み、心地よいサービスをご提供します。

私たちの3つの柱

おもてなし・クリンネス・スキルアップ

より一歩先にいった動物病院であるために、「おもてなし」「クリンネス」「スキルアップ」の3つを徹底的に取り組んでいます。
最良の獣医療サービスの提供は当然のことと考え、更なる上を目指しスタッフ一同励んでいます。

おもてなし

オーナーテスト

定期的に全スタッフで取り組まれる飼い主様のテストをおこなっています。例えば、来院数トップ100、食べているフード名をあてる、トリミング利用者等々、病院に近しい飼い主様を覚えるように訓練し、顔を拝見しただけで「○○さん!」と声をかけるなど少しでも身近な存在になれればと考えております。

他院間電話対応向上シミュレーション

時に電話対応は、クリニックの印象が決まってしまうものです。気持ち良い電話対応を目指して、それぞれの院の電話対応上級者が、別の院のスタッフへ飼い主としてロールプレイング電話。道案内やよくある相談や質問などをおこない、対応力を探るだけでなく、個人個人の苦手分野、得意分野が探し出せ強化の近道に。分院があるからこそできるシステムです。

院内マナー講師によるマナー講義

院内スタッフにマナー講師資格者がおり、ドクター・看護師関わらず様々なマナーについての勉強会を実施。また日常でも積極的に指摘があり、水準以上のマナーを保つ体制を整えています。

クリンネス

身だしなみチェック

スタッフが集まる朝礼・昼礼時に必ず行っています。お互いに向き合い身なりを確認。

清掃チェック

朝・昼・夜の院内清掃。院長交えた清掃チェックも定期的に行われ、日々の清掃レベルに加えレイアウトや備品の改善も行っています。

スキルアップ

日常業務以外の技術・知識向上取り組み

一人ひとりが患者様に出来る事を増やせば、飼い主様との距離も縮まると考えています。1人の飼い主様の要望を1人の担当者がすべて対応できるよう、トリミング技術向上プログラム、珍しい症例のおさらいなど、様々な技術や知識を学んでいます。

月1ミーティングでの勉強会

ドクターは新しい知識や新薬の知識を得るため、看護師は知識量の底上げのため、毎月のミーティングで勉強会を実施。先輩看護師が主体でおこない、後輩が分かりやすく興味を持ってもらえる工夫を毎回しています。

新人マンツーマン教育

新入社員には先輩看護師がマンツーマンで指導。個人に合った教育方法や修正などが出来る上、スタッフ間の距離も縮まり業務連携がスムーズにしています。

いいことスピーチ

一日2回あるショートミーティング(一日の業務の確認、入院・外来患者の伝達等)の場で「他スタッフが行っていたいいこと」を発表。1年前までは「自分が行ったいいこと」を発表していたが、ありきたりに。他のスタッフが行っているいいこと、自分が助けてもらえた事などを互いに発表し合い、意識の向上が芽生えています。

エマージェンシーシミュレーション

いつ来るかわからない緊急症例のシミュレーションを定期開催。先輩後輩を交えて本番さながらに訓練します。飼い主様役のスタッフからは獣医師に感情的な質問を、訓練後は先輩たちから厳しい強化項目が… でも私たちは「もしも、いま~」を考えて真剣に取り組んでいます。

  • 光が丘動物病院グループについて
  • 患者様にお約束する6つのポイントホスピタリティー向上のための取り組み
  • あなただけの時間を提供する予約診療
  • ご自宅で診療する往診サービス