スタッフ紹介

副院長 斉藤功のご紹介

副院長 斉藤功

斉藤 功

出てくる不具合を解決するために、
私たちは日々存在しているのだと思います。

皆様、はじめまして。副院長の斉藤です。私は獣医大学を卒業してから15年、光が丘動物病院グループでずっと動物とそれをとりまくご家族の方々を診させていただいております。

この15年で一番思ったことは、やっぱり動物と生活するっていいなって思います。家族であり、友達であり、場合によっては恋人? 人の価値観によって様々にその存在は変わりますが、動物によっても人の価値観は大きく変化できます。よく「価値観の多様性」なんて言う言葉を聞きますが、動物と一緒に暮らすという事は、「究極の価値観の多様性」を得ることが出来るのではないのでしょうか。

なぜなら、種族が違うのですから。だからこそ出てくる不具合を解決するために、私たちは日々存在しているのだと思います。

麻布の土地では私たちは新参者かもしれませんが、私達には今まで積み重ねた経験があります。どんなことでも、お気軽に。いつでも全力で皆様のお役に立てることを、お約束します。

仕事の得意分野「細かい作業」

獣医師の診る動物は当然ながらとても小さいのですが、やることは大して人間と変わりません。細い血管から採血したり、尿道にカテーテルを挿入するのはしばしば困難を伴うこともあります。

だけど、私は自信持って言えます。もし、これらの細かい技術の全国大会があったら、結構いいところまでいくでしょう。特にほとんどの獣医さんは雌猫に尿道カテーテルを設置することが出来ませんが、私は100発100中でいけます。マニアックな自慢かもしれませんが、わかる人にはわかるでしょう。

仕事の必須アイテム

病院間の連絡で使用する電話です。光が丘動物病院グループ全獣医師の診察やその他の確認、相談、指示など、私が全て任されていますので、一日を通してひっきりなしにかかってきます。私がいる所では常に電話のベルがなっているので、他のスタッフはやや迷惑そうです。

獣医師・看護師

  • 院長 飯塚脩
  • 獣医師 上吉原 友彦
  • 獣医師 阪本 恵美
  • 看護師長 丸山一夫
  • 看護師 永畑 玲佳
  • 看護師 横谷 久美子
  • 看護師 佐藤 由生
  • 看護師 新熊 恵里佳
  • 看護師 片岡 奈菜美
  • 光が丘動物病院グループについて
  • 患者様にお約束する6つのポイントホスピタリティー向上のための取り組み
  • あなただけの時間を提供する予約診療
  • ご自宅で診療する往診サービス